◇home ◇menu

小林敬一 (Keiichi Kobayasi)

昭和24年長野県飯山市生まれ。昭和60年にフォトライブラリ「フォトストック長野」を設立。信州を舞台に、自然の、その向こう側からの声を聞き続ける写真家。ラジオ、テレビ等で講師も勤め、写真誌でもおなじみ。
写真展に「ナチュラルに染めて・・・」、「いいやま ときの色」など。
著書に「リフレイン」(ブティック社)、「彼方からの訪い」(フォトストック長野)など。

株式会社フォトストック長野 代表
日本写真家協会会員、日本写真作家協会会員、自然化学写真協会会員

竹内敏信 (Toshinobu Takeuchi)

昭和18年愛知県生まれ。愛知県庁勤務の後、フリー写真家となる。35mmカメラを駆使し、新しい風景写真のスタイルを築く。風景写真家人気No.1の座は不動である。
著書に「天地光響」(講談社)、「櫻」(出版芸術社)、「雪月花」(トーキョーセブン)など。

株式会社TAフォト&サウンドオフィス 代表取締役
日本写真家協会会員、日本旅行作家協会会員
日本写真芸術専門学校講師、現代写真研究所講師

中沢義直 (Yoshinao Nakazawa)

大正11年、安曇野、梓川村に生まれる。
昭和30年から山岳、スキー、風景などのプロカメラマンとして活躍。在京40年の活躍後、大好きな 常念山麓にある堀金村に移り住み、写真と映画制作のかたわら、中沢写真学校を開設、後進の指導、育成 をしている。
元日本山岳写真協会副理事長などを務める。
著書に「写真集あづみ野一集、二集」(信濃路社・同時代社)、「堀金村生活記」(山と渓谷社)など。 記録映画としては、代表作「わが山常念山脈」などがある。

有限会社信州映像舎代表取締役
中沢写真学校主宰
長野県南安曇郡堀金村在住

西村武志  (Takeshi Nishimura)

昭和28年生まれ。十数年前、友人から中古カメラを五千円で譲り受けたのをきっかけに、本格的に写真を始める。 自然をこよなく愛し、四季折々の「信州の美」を精力的に撮り続けている。 主なフィールドは上高地、乗鞍、白馬周辺。山の風景と野の花、蝶をライフワークとする。
写真展に「春の花手紙展」、「上高地逍遥」、「展望の山」など。
共著に「山岳写真の完成」(日本カメラ社)、「北アルプス・四季の彩り」(信濃毎日新聞社)など。

日本山岳写真協会会員
長野県松本市在住

◇home ◇menu