◇home ◇menu


うまく撮ろうなんて思わない

安曇野の詩

これは、安曇野の田植えの頃です。空色の空に残雪の常念岳。たんぼにそれが映り、向こうでは田植えの真っ最中。気持ち良くて、楽しくて、嬉しくてたまりません。これからもずっとこんな風景を見ていきたい。そんな思い伝わったでしょうか?シャッターを押す前に、最大限気持ちが伝わるようにと、構図、露出、ピント等に細心の注意を払います。そのときに、こんな風景を前にしたら、うまく見せようなどと思わず、素直に撮ってみましょう。きっと気持ちが伝わる良い写真になると思います。


◇home ◇menu