◇home ◇menu


フィルター

PLフィルター
PLフィルターは、風景写真で最も多用されるフィルターです。
不要な反射を取り除きます。葉っぱのてかりを取り除くことにより、本来の美しい色を引き出したり、湖面の反射を取り除いて、沈んでいる枯葉を写し止めたりできます。
二重構造になっていて外側のレンズがくるくる回ります。ファインダーを覗いて効果(効き具合)を確認しながら使います。
濃い青色をしていて、取り付けると1.5段ほど暗くなります(絞り優先オートならシャッタースピードが遅くなる)。
PLフィルターを保護フィルター代わりにして常用している人がいます(特にベテランに多い)が、必要なときに取り付ける(不要なときははずす)のが基本です。スローシャッターになりブレの原因となったり、発色に悪影響をおよぼすことがあります。また、厳密には画質を低下させます。付けなくて済むときは、付けないにこしたことはありません。

ソフトフィルター
ソフト効果を出すフィルターです。霧がかかったような効果を出すものや、ふわっとやさしい効果を出すもの等があります。絞りを開ければ開けるほど効果が大きく出ます。
普通の林をフォギーフィルターで撮って「霧林です。」という使い方はしません。

UVフィルター
紫外線をカットします。

NDフィルター
取り込む光量を減らします。スローシャッターを切りたく、絞りで調節できないときに使います。ここで問題です。「絞りで調節できないとき」とは? 答えは、「これ以上絞り込めない。」、「このままの絞りでシャッターを遅くしたい。」の2つですが、なんのこと? という方は、露出(絞り、シャッター速度)を読んでみてください。

ハーフNDフィルター
レンズの半分だけ暗くなっているNDフィルターです。夜明けの空と山腹の明暗差が大きく、普通に撮ると空がとんでしまう(真っ白)か、または、山腹がつぶれてしまう(真っ黒)というとき、空の光量を減らして、空がとばないように、かつ、山腹がつぶれないようにと調整するとき等に使います。(個人的にはこうやって撮った写真は、その不自然さが気持ち悪くて好きではありませんし、使うという行為自体が好きではありません。・・・上の例なら、もうひとつ太陽を用意し、自然を作りなおしているような気がして...)

他にもさまざまなフィルターがありますが、まずは、PLフィルターを用意して、その凄さ、楽しさを味わってみてください。


◇home ◇menu