ホーム _ フォトギャラリー _ 水奏楽
秋の流れ
長野県 白骨温泉

源流

朽ち行く者と生まれ来る者との
だれも知らない間隙で
僕は父の声と母の声を聞いた
青く澄んだ巡りの舳先の上で
くるぶしまで腐葉土に埋もれながら
ほどよい重力に乗り
100万年も眠った種子が
今 芽生えるようにして誰もが生まれてくる
これはきっと美しいこと
ぼくは父と母の声の行方を振り返り
幾重にも分かれていく時の流れの中に
ほころびた袖を濡らして
呆然と立ちつくす
僕です
僕はここにいます
落ち葉も水も灌木も
土も空気もトビムシたちも
魂の小さな裂け目から
みんな父と母の声を聞いている
きっと

原 静鳴

Copyright(C) TOMONO Yoichiro
_